千葉の葬儀の仕方と地域による特徴について

千葉の葬儀ナビ

葬儀のやり方や特徴はそれぞれの地域によって異なり、千葉県でも街中と田舎で若干違いがあります。

具体的には、火葬をいつ行うか、納骨と告別式の日にちの段取りなどは地域によって違いがあります。

では、千葉県の葬儀にはどんな特徴があるでしょうか?

●火葬をどこで行うか

千葉ではほとんどの人が火葬の時には公営の斎場を使うので、民営の斎場で火葬する人は滅多にいないようです。

全国的な統計を見ても民営の火葬場を使う人はあまりいませんが、都内のように人がたくさんいる地域は、人が混み合うので、公営と民営の火葬場を同じように使う傾向があるようです。

しかし、千葉の葬儀では通夜や告別式では民間の斎場を使うことが多いようです。

●人気があるのは家族葬、でも規模は大きめ

一昔前は、葬儀の時には近所の人に手伝ってもらって地域全体で一体化して葬儀を執り行っていましたが、現在では家族や近親者だけで済ませる家族葬が日本全国で流行していて、千葉でも全体の8割の人は家族葬で済ませる傾向があります。

ところが、千葉の葬儀の規模は全国平均よりも少し大きめで、出席者も30人から100人くらいが千葉では目安のようです。

●遠くから来る人に配慮する葬儀

千葉の葬儀の形式は家族と近親者のみで済ませる家族葬が主流ですが、葬儀に参列する人の数が全国平均よりも規模が大きく100人近くになるので、参列者の中には遠方から来る人も少なくありません。

それで、千葉の葬儀について聞いたアンケートによると、遠くから来る人の交通の便を考えて駅の近くの会場にしたり、参列者のために豪華な宿舎を用意したりするようです。

※葬儀について相談するなら-->千葉県での葬儀なら【博全社】

千葉の葬儀ナビ

Copyright www.hanoihalongbaycruise.com All Rights Reserved