千葉の葬儀と宗教

千葉の葬儀ナビ

日本の各地で行われる葬儀は地元の宗教とも大きな関わりがありますが、千葉では9割以上は仏教式で行われます。

しかし、キリスト教の葬儀も人気があり、特に震災の後は心の拠り所を求めて、千葉でもキリスト教の葬儀を執り行うこともあるそうです。

●キリスト教式は仏式よりも費用が安め

千葉のキリスト教の葬儀では、葬儀そのものよりも死の迎え方の方が大切で、キリスト教では、死ぬことは命の終わりではありません。

また、死ぬことで安息を与えられて、復活の日がやがて訪れるという考えなので、仏教のように盛大な葬儀が必要ではありません。

それで、千葉では仏式の葬儀の平均費用は180万円と言われていますが、キリスト教式は80万円前後で済むそうです。

●仏式の葬儀を始める前に

今の日本では大部分の人が病院で息を引き取りますが、仏式で葬儀を行うときには、息を引き取った後から儀式が始まります。

死に水を取ると言いますが、その場にいる人全員でその人の喉の渇きを癒すために末期の水を準備します。

水を入れた茶碗にガーゼや筆を入れて水を含ませてから、故人の唇を濡らしますが、この儀式は故人との血縁関係が近い人から始めて、その場にいる人たち全員が順番で行います。

●多少の儀式は宗派によって異なる

千葉で葬儀をキリスト教式で行う時も、カトリック式とプロテスタント式では違いがあり、聖水を注いだり聖歌を歌ったりするそうです。

また、仏式で葬儀を行うときも注意が必要で、在来仏教の浄土真宗は死に水は取らないそうなので、個人がどの宗派に属しているのか知っておく必要があります。

千葉の葬儀ナビ

Copyright www.hanoihalongbaycruise.com All Rights Reserved